中性脂肪が招く動脈硬化とは

中性脂肪が招く動脈硬化とは

体のすみずみに新鮮な血液を送り出す役割を担っているのが動脈です。
動脈は本来、ある程度の弾力性を持っていますが、年齢を重ねることで弾力が失われることで硬くなっていきます。
この状態が「動脈硬化」と言われます。

動脈硬化と中性脂肪の関係

動脈硬化の原因は年齢を重ねることによる老化だけではありません。
注意したいのが中性脂肪値の上昇が動脈硬化に繋がる点です。
動脈内にさまざまな物質が溜まることで血管が狭くなり、血液の流れが悪くなることも大きな原因のひとつとなります。
動脈硬化の状態にもいくつかのパターンがあり、そのうち中性脂肪が関わってくるのは粥状硬化(じゅくじょうこうか)と呼ばれるものです。
動脈内にコレステロールなどの脂肪が溜まることで粥腫(じゅくしゅ)ができあがり、その厚みが増すことで血管内が狭くなります。
また、のちに肥大化した粥腫が破れると血栓が作られ、動脈内が塞がってしまうのです。

粥腫のもととなるコレステロール

粥腫を引き起こすコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるもので、本来は善玉コレステロールと共に体内の健康バランスを保つために働いています。
しかし、中性脂肪値の上昇などでバランスが崩れ、悪玉コレステロールの数が著しく増えてしまうと危険です。
善玉コレステロールは動脈硬化を抑える働きも持っているため、この2つのコレステロールのバランスを意識することは大切なポイントです。
中性脂肪値を抑えるために、糖分やアルコールの摂取量に気を配るなど食生活の見直しもおこないましょう。

動脈硬化が引き起こすさまざまな病気

動脈硬化が元で起こる病気には主に「生活習慣病」と呼ばれるものがあります。
血管が狭くなり血液の流れが滞ることで新鮮な空気がすみずみまで運ばれず、体を動かしたときなどに心筋が酸素不足となって発作を起こす心筋梗塞、脳の動脈硬化が進むことで血管が詰まり、新鮮な血液が届かずに脳の一部が死んでしまう脳梗塞、腰から下の部位に動脈硬化が起こり、血液の流れが滞ることで起きる閉塞性動脈硬化症などが挙げられます。
いずれも心臓や脳の病気と密接な関係があり、命に関わる疾患に発展する可能性が高くなっています。


中性脂肪が招く動脈硬化とは 関連ページ

身体にたまる4つの脂肪 脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質
私たちの体内に存在する脂肪には複数の種類があります。 それぞれ脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質と呼ば […]
サプリで中性脂肪は下がるのか?
中性脂肪値を下げたい場合に有効なのは、適度な運動と食生活の改善、睡眠の質を高める、ストレスの解消法を探すなどラ […]
脂質異常症(高脂血症)とは
脂質異常症は以前は高脂血症と呼ばれていた症状で、血液内に含まれるコレステロールや中性脂肪などが基準値よりも高く […]
中性脂肪を下げる薬
中性脂肪値を下げる薬として処方されるものがあります。 本来は食事内容の改善や適度な運動などライフスタイルの見直 […]
良い油、悪い油ってあるの?
油は摂り過ぎると体に悪い影響が出ると言われますが、反対に摂取量が少なすぎても体の機能がうまく維持できないなどの […]
痩せてるのに中性脂肪が高い人のよくある例
中性脂肪値が高い人と聞いてどのような人をイメージするでしょうか。 大半の人は二の腕や太もも、お腹に脂肪のついた […]
中性脂肪を下げるおススメの運動とは
中性脂肪値を抑えるために必要なポイントは「一日の合計摂取カロリーが合計消費カロリーを超えないようにする」ことで […]
中性脂肪は低いから安心?
中性脂肪は「下げると良い」「高くならないように」と言われますが、逆に低すぎる数値だと体に危険が及ぶことを知って […]
中性脂肪の働きとは
「中性脂肪」と聞いて良いイメージを思い浮かべる人は少ないかもしれません。 中性脂肪は体に悪い、少なくしなければ […]
中性脂肪と大腸がんの関係
中性脂肪値の著しい上昇はさまざまな病気の原因になると言われています。 とりわけ大腸がんにかかるリスクが大幅に上 […]

トラックバックURL

https://tyuseisibo.degomaga.biz/kiso/%e4%b8%ad%e6%80%a7%e8%84%82%e8%82%aa%e3%81%8c%e6%8b%9b%e3%81%8f%e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/