薬や漢方薬

薬や漢方薬


中性脂肪を下げる薬には、ニコチン酸薬やフィブラート薬などがあります。

ニコチン酸薬は体内での脂質の吸収を抑えるだけでなく、肝臓で合成されるコレステロールも抑える効果があります。

この薬の大きな特長としては、中性脂肪の値を最大で50%下げられるということと、HDLコレステロールの値を下げることにあります。

フィブラート薬は、リパーゼ酵素の働きを高めることによって肝臓で作られるコレステロールを分解させやすくし、中性脂肪とコレステロールを下げる効果があります。

また、青魚に含まれるEPAを使って中性脂肪の値を下げる、EPA薬というものも存在します。

しかし、これらの薬には残念ながら薬である以上、副作用が存在します。

熱っぽくなったり、のどが渇いたり、胃腸障害や肝障害などが起きる場合もあるのです。

一方で、中性脂肪を下げる薬には漢方もあります。

大柴胡湯(たいさいことう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、桂枝部茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがそうです。

これらはそれぞれ、中性脂肪をゆるやかに下げる効果があったり、体質改善や強い薬をつかない場合などに使用することができます。

いずれの場合にも医師に相談した上で使用するようにしましょう。


スポンサーリンク

薬や漢方薬 関連ページ

食材や食事の仕方を考えよう
中性脂肪を下げる食品としては、「食物繊維」を多く含んでいる食材や「EPA・DHA」を多く含んでいる食材があげら […]
お酒やタバコ
Contents1 お酒2 タバコ お酒 血糖値を下げてくれるアルコールですが、実は中性脂肪とは大の仲良しなの […]
ストレス解消
人間の身体というのは、自分が思っている以上にデリケートに出来ています。 ちょっとした刺激でも、身体はそれをスト […]
運動
中性脂肪は運動不足を解消することによって、適切な量に保たれる効果があります。 適度な運動は、アドレナリンやノル […]

トラックバックURL

https://tyuseisibo.degomaga.biz/hoho/kusuri/trackback/